FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-18

凌辱!和装花嫁人形【第八話】妄想

「さあさあ、みゆき様。白無垢の着付を始めますわよ」
「ああっ・・・はああ・・・」
顔を歪め息を吐き出すみゆき。
「でも、でも・・・」
「そんなにいつまでももじもじされていますと、いつまでたっても御着付けが終わりません」
「オッパイとオチチンが・・・熱いのぉ・・・」
「まあはしたない!花嫁様がそのような御言葉をおっしゃるなんて!」
大袈裟に驚いて見せる女性。
オッパイ・・・オチンチン・・・熱くて・・・どうなっちゃうのぉ・・・」
はしたない言葉を吐き出すみゆきは完全に失念してしまっていた。
(全く・・・)
「仕方ないですわね」
女性は錠剤を取り出し、みゆきの前に差し出した。
「これをお飲みください。落ち着きますわ」
みゆきはそれを水なしで飲み干した。
「お座りください。直ぐに落ち着きます」
「はい」
みゆきは差し出された座布団の上に正座した。
「ふう・・・」
(効き過ぎだわ。あの淫薬)
みゆきが仕度の前に飲んでいた飲み物は淫薬入りだったのである。
そして今飲んだ錠剤は、その効用を一時的に抑える物であった。
「みゆき様、落ち着きましたでしょうか?」
「はい、何とか・・・」
暫くして、みゆきは落ち着きを取り戻していた。
みゆきは改めて鏡に映る、自分の掛下姿を見惚れていた。
(これが、私なの・・・)
じっと鏡の中の自分を見つめるみゆき。
胸と下半身の疼きは治まったものの、きつく締められた掛下帯に苦しさを感じていた。
でもその苦しさは心地良いもので、淫薬から逃れたみゆきの胸をふつふつとした淫らな想いが湧きたってくるようである。
(SMで縛られるのって、こんな感覚なのかしら?だったら・・・)
みゆきは眼を閉じた。
そして妄想の世界に入っていく。
 
 掛下姿のみゆき。
 立ち姿のみゆきに男が近寄ってくる。
 男は麻縄を取り出すと、みゆきの上半身に掛けていく。
 「あん、やめて・・・」
 哀願の声。
 弱々しく抵抗する。
 麻縄は抗うみゆきの自由を奪っていく。
 きつく縄掛けされてしまう。
 きつい。
 とてもきつく縛られてしまった。
 「ああん・・・」
 すっかり抵抗しなくなった。
 鏡に映る緊縛された掛下姿。
 それはそれは艶めかしい姿であった。
 縄はきつくきつく身体に食い込んでいくような気がした。
 「いいわ・・・苦しいけれど、いいわぁ・・・」
 きつく締められた掛下帯の上から、更にきつく縄で縛られてしまった。
 それはそれはめくるめく陶酔の世界に、みゆきを誘っていくようだ。
 「素敵だわ・・・もっときつく縛られたい・・・」
 快楽に呆けたような表情のみゆき。


その顔が鏡に映し出された時、妄想は遮られた。
「みゆき様、白無垢の御着付けを致しましょう」
「えっ、は、はい!」
我に返るみゆき。
「どうかなされましたか?」
「いえ、何でも・・・白無垢の着付御願い致します」
みゆきは俯き加減で言葉を発していた。
女性に顔を見られたくなかったのだ。
(私、どうしてしまったの・・・あんな自分を・・・)
淫らな妄想を抱いた自分を恥じるみゆきだった。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

掛下帯

みゆきの身体が感じてしまいどうしようもない様子、淫薬の効果だけでしょうか…?
私はそれだけではないように思えます。
幅広で硬い女帯、これを締め上げることは女性を従順にさせるものなのではないかと思えるのです。
掛下帯を胸高に締められる。このとき掛下帯の締め付けの魔力にかかってしまい私でさえ従順になりおしとやかになります。そして帯結びは文庫結び。決して華やかではないのですが、形を見ていると締め上げられているという雰囲気です。その掛下文庫が打掛を羽織ると…、帯山となって締められているという存在感がでます。私は花嫁の掛下文庫、その文庫が形作る帯山の線が好きです。
プロフィール

横島 優一

Author:横島 優一
私の妻であり理想の和装花嫁である『和装花嫁が大好きな女装娘みゆき』
渾身の愛を籠めて綴るこの凌辱和装花嫁小説の全てを、我が妻みゆきへ捧げる。
"Woman's disguise daughter Miyuki whom brides in Japanese dress love" who it is my wife, and is an ideal bride in Japanese dress
I give all of this bride novels that basket めて spells all love in Japanese dress to my wife Miyuki.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
和装花嫁みゆき観覧者数
夫・横島優一 「愛する妻君みゆきが和装花嫁姿で性肛の快楽に溺れ淫乱両性具有美性獣へと身も心も変貌していく様を御楽しみください」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。