FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-18

荘厳~華燭の淫典~【陸】花嫁専用車

移動に使用する車には、前後、左右、天井に寿マークが付いていた。
「それではお車にお乗りください」
旦那様が助手席の後部座席に乗り、みゆきも運転席の後部座席に乗り込もうとすると屋根が上に開いた。
「あらっ」
「みゆき、この車は花嫁専用車なんだよ」
「社長は花嫁様が移動する際、少しでも楽が出来るようにと無理言って、この花嫁専用車をチャーターなされたのですよ」
これならば綿帽子を気にせずに車に乗り込む事が出来る。
「旦那様・・・みゆきの為に・・・」
みゆきはぐっとこみあげてくるものをこらえて御礼を言った。
「有難うございます。みゆきのような不束者のここまでしてくださって・・・」
「言うな!みゆきよ。当たり前の事をしたまでだ。それよりも乗りなさい」
「はい」
みゆきは京香に手を取られ車に乗り込んだ。
運転席の背に花嫁が安定しやすいように掴む為の手綱が用意してあった。
みゆきは御嫁入の実感に身震いした。
車のドアを閉めると、京香は運転席に乗り込んだ。
(留袖で運転するの?)
みゆきは驚いた。
「心配するなみゆき。京香の運転の上手さは私が保障しよう」
「はい。わかりました旦那様」
「どうぞ花嫁様」
車は美遊姫神社を出た。
向かう先は今宵、初夜を迎える場所なのだろう。
社長と呼んだ京香が気にはなっていたが、みゆきは気持ちを切り替えて、愛する旦那様と契りを結ぶ場へ想いを馳せた。
移動中の車内で、みゆきの背の辺り(帯山)には、ずっと手が添えられている。
みゆきが少しでも楽でいられるようにとの優一の配慮であった。
旦那様の心遣いに、みゆきは感謝するばかり。
(全てを捨てて、この方に嫁ぐと決めて本当に良かった。わたしは幸せだ。私程、幸せな花嫁はいるのだろうか・・・)
「みゆき大変だろうが、暫しの辛抱だからな」
「旦那様、御心配なさらないでください。旦那様が隣にいてくださるだけで、みゆきは何事にも耐える事が出来ます」
「そうか。その想いに今宵は充分に応えようぞ」
「嬉しゅうございます」
旦那様の寵愛を受ける場まで、旦那様の言う通りもう暫しであった。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

車での移動

和装の花嫁は車での移動が大変です。
文金高島田の鬘で乗り降りは大変で、車内でも身動きが取れません。しかも、帯を締めていて掛下文庫を潰さないようにするため寄りかかることができません。また、高い草履を履いていて足も伸ばせないため胸やお腹が窮屈です。しかも掛下帯の締め付けで苦しいんです。
でもこのような花嫁専用車を旦那様に準備いただきみゆきは果報者でございます。
プロフィール

横島 優一

Author:横島 優一
私の妻であり理想の和装花嫁である『和装花嫁が大好きな女装娘みゆき』
渾身の愛を籠めて綴るこの凌辱和装花嫁小説の全てを、我が妻みゆきへ捧げる。
"Woman's disguise daughter Miyuki whom brides in Japanese dress love" who it is my wife, and is an ideal bride in Japanese dress
I give all of this bride novels that basket めて spells all love in Japanese dress to my wife Miyuki.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
和装花嫁みゆき観覧者数
夫・横島優一 「愛する妻君みゆきが和装花嫁姿で性肛の快楽に溺れ淫乱両性具有美性獣へと身も心も変貌していく様を御楽しみください」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。