FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-28

凌辱!和装花嫁人形【第四話】水白粉

「バスローブをお脱ぎください」
「裸に・・・なるの?」
「そうでございます」
みゆきは諦めたようにバスローブを脱いだ。
「お座りください」
先程までなかった鏡台の前の椅子に腰を下ろした。
「ふう・・・」
溜息をついた、みゆきの前に飲み物が差し出された。
「お飲みになると落ち着きますわよ」
みゆきは差し出されるまま、それを飲み干していた。
喉の渇きが潤されていく。
それが只の飲み物ではない事を、みゆきは知る由もない。
(もう諦めて言われるがままにするしかないわ)
項垂れた顔を上げ、鏡に映る自分の顔を見た。
整形を施していない顔は、男っぽい女の顔に見えた。
「さあ、みゆき様、これから御美しい花嫁様になられるのですよ。先生、御願い致します」
先生と呼ばれて現れたのは一人の女性。
みゆきよりも年齢は上のようだ。
「みゆき様、本日の御支度を仰せつかり光栄にございます」
深々と会釈した女性はみゆきに足袋を差し出した。
「まずは足袋を御履きください」
女性は足袋など履いた事のないみゆきに、綺麗な足袋の履き方を指導してくれた。
足袋を履いたみゆきを椅子に座らせると、女性は花嫁支度に取り掛かった。
羽二重で鬘下を作ると、白粉を水で溶かし刷毛で衿から背中、首から鎖骨、顔全体に塗っていきます。
手も白粉が塗られていきます。
続いて眉下から鼻筋の両側、瞼、目の下に紅を入れ淡くぼかし込んでいきます。
これは日本古来の『紅どり』という技法で、花嫁が三々九度でお酒をひとくち含んで、ぽっと目のまわりが赤らんだように見えるのが、初々しく可愛いく見えるからだと女性は説明してくれました。
そんな話を聞いていると、みゆきは望んだ訳ではない和装花嫁になる事が、楽しくなってくるような気がしてきた。
目張りは目尻をやや浮かせて入れ切れ長に強調し、ペンシルで描いてからブラシでぼかしを入れると、柔らかい目元に仕上がりました。
眉は和装の為、やや太めで短めの曲線的な眉毛にし、笹眉と言って笹の葉の形のイメージにしたと女性は説明してくれます。
最後に口紅です。
「和装花嫁口紅は、下唇を強調するのですよ。上唇のカーブはSカーブに描き山は丸く描きますね」
口紅を惹き終り、和装花嫁化粧が仕上がりました。
鏡に映った和装花嫁化粧を終え白塗りをされた顔を見たみゆきの胸は高鳴りを覚え始めていた。
少し前まで不安で一杯だった胸の内が期待感に包まれているのだ。
(私、素敵な素敵な花嫁さんになるのね・・・)
まだ和装花嫁化粧しか済んでおらず鬘さえ付けていないのに、この胸のトキメキ。
(早く早く花嫁衣装姿の自分が見たい・・・)
みゆきはまだ見ぬ自分の和装花嫁姿に想いを馳せているのだった。
スポンサーサイト
[PR]

2012-10-21

凌辱!和装花嫁人形【第三話】全裸

「みゆき様、御召し物を全て御脱ぎになってくださいませ」
「え?なぜ脱がなくてはならないのですか?」
「これから花嫁になられるのですよ。身をお清めになられるのは、至極当たり前の事でございます」
「嫌です。私、帰らせて頂きます」
部屋から出ようとしたみゆきに女将が独り言のように言った。
「竿も玉も付いた変態女装野郎」
みゆきの足が止まった。
「そんな事がばれたら会社にいられなくなるでしょうね。お可哀そうに・・・」
みゆきは俯きながらコートを脱いだ。
女将はコートを受け取りながら優しく声をかけた。
「素直になされば悪い事にはなりませんわよ」
みゆきは紺のジャケット、スカートを脱いでいく。
諦めたようにブラウスを脱いだものの、そこで手が止まった。
「どうしたのですか?早くストッキング、ブラジャー、パンティをお脱ぎ為さい。さあ、早くなさい!」
急に女将が声を荒げた。
「いつまでも甘ったれるんじゃない!」
「ひいっ!」
みゆきは観念したように、ストッキング、そしてブラジャー、パンティを脱いでいく。
膨らんだ胸と男性器が姿を現した。
「あらあら胸も股間も立派な物をお持ちでいらっしゃいます事」
嘲るような女将の言葉に、みゆきは泣き出してしまった。
「ううっううううう」
「あらあらみゆき様ったら、花嫁になる幸せに感極まって涙を流しになられて、旦那様が見たら感激なさるに違いありませんわ」
みゆきは追い立てられるように、風呂場へ移動した。
風呂場では旅館の仲居さんと思える女性が二人待っていて、みゆきの体を隅々まで入念に洗い流してくれた。
二人の仲居は時折、胸や男性器に触れるようにして刺激を与える行為を加えてくる。
「ああっ」
「やめて」
「いやよぉ」
みゆきはその都度、抗う声を上げていた。
だが仲居は、その手を緩めようとしない。
その手練に、みゆきは追い詰められていった。
「だめ~」
「いやよ~もう、いや~」
気持ち良いのである。
どうにかなりそうだ。
それと同時に、みゆきは自分の肉体が感じやすい事に初めて気付いた。
「はい、終わりました」
「綺麗になりまいたよ」
息も絶え絶えになりながら、みゆきはその場に膝を付き、物足りなさを感じていた。
仲居二人に身体を拭いて貰うと、女将が待っていた。
「さあ、みゆき様。次はその股間に生える邪魔な毛を剃りましょう」
みゆきは声が出なかった。
何故そんな事までされなければならないのだろうか。
「どうして、そんな事まで・・・」
「みゆき様は髭も全身の毛も完全脱毛されていらっしゃるようで、御綺麗な御身体をしていらっしゃいます。ですが、股間だけは生えそろったまま。これから嫁入りする御嬢様に似つかわしくありません。ですので剃らせて頂きます」
「わかりました」
みゆきは抵抗しても無駄だと思った。
それに仲居の責めで、快楽を味わった身体が抗う術を失くしていた。

股間の毛が剃り終わると、みゆきは白いバスローブを着て、先導する女将に連れられ先程の一間に戻った。
(私はどうなるの・・・花嫁人形って何なの?社長は私をどうしたいのかしら?)
ひとつだけわかっているのは、今目の前で純白に輝いている豪華絢爛な白無垢を、みゆきが身に纏い、花嫁姿になるだろう事だけであった。
2012-10-20

凌辱!和装花嫁人形【第二話】旅館

みゆきはとある温泉街のある駅に降り立った。
晩秋・・・冬は間近まで迫っている。
予想以上の寒さに身体が震えた。
薄手のコートではなく、冬用のコートを着てくれば良かった。
そんな事を考えながら改札を出ると、スーツ姿の一人の華奢な長髪の男が声をかけてきた。
「みゆき様、お待ちしておりました」
その男には見覚えがあった。
社長の専属運転手。
みゆきは促されるまま、車に乗り込んだ。
「何処へ行くのでしょうか?」
運転手は無言だ。
やがて車は一軒のひなびた旅館に着いた。
「どうぞ、みゆき様」
車から降りたみゆきは旅館の玄関へと入っていく。
不安に胸の高鳴りを押さえきれない。
「お待ちしておりました、みゆき様」
白い着物姿の女性がみゆきを出迎えた。
40代位に見える、その女性はこの旅館の女将なのだろう。
ふと、みゆきはそう思った。
女将に案内され廊下を歩いていると、この旅館が外観に似て使わず由緒高い趣のある旅館である事に気付いた。
(こんな所で社長は何を・・・)
みゆきは少しだけ安堵した。
このような格調高い旅館で不埒な行いをする等とは考えにくい。
旅館の一間に通され中に入ったみゆきの眼前に、眼も眩やむ程真っ白な一着の着物が飛び込んできた。
それは白無垢であった。
みゆきには一生縁遠い和装花嫁衣裳。
思わず見惚れてしまうみゆきだった。
「いかがでございましょうか、みゆき様。この素晴らしい白無垢は?」
「え、ええ、とても素敵です」
「お気に入り頂けましたでしょうか?」
「気に入るも何も、私には縁が無い物ですから・・・」
「何をおっしゃいます。これはみゆき様、貴女様の御召しになる御衣裳でございますわよ」
「はあ?」
思わずみゆきは呆けたような声を発していた。
女将の言う意味が理解出来なかったからだ。
「社長様より丹精込めて御仕度するよう言いつかっておりますのよ」
「社長が?」
「そうでございます」
御美しい花嫁人形みゆき様の御仕度を、オホホホホ」
みゆきは女将の笑いに得体の知れない何かを感じゾクッと震えた。
(花嫁人形って一体?)
やはりこの旅館で不埒な何かが行われるに違いない。
逃げ場のない不安にみゆきは両手で豊胸で膨らんだ胸前を、強く抱きしめるようにするしかなかった。

2012-10-14

凌辱!和装花嫁人形【第一話】暴露

みゆきは沈んだ面持ちで列車の外の景色を眺めていた。
列車はみゆきの意思と反した方角へ向かっている。
普段ならば今頃はオフイスでデスクに向かっている頃だ。
(何故今頃になって、長年隠していた秘密がばれてしまったのかしら・・・)
そう思うと、みゆきの目からは涙が溢れ出ていた。
「ううっ・・・」
みゆきは思わず顔を手で覆った。
溢れ出る涙は留まる事を知らない。
10日前に社長に呼ばれると、その口から衝撃の言葉が発せられたのだ。
「御局課長!君は本当は男なんだろう?それも竿も玉も付いたままの変態女装野郎!!」
余りにもストレートな言葉に、みゆきは声も出ずに、その場に崩れ落ち気を失ってしまった。
「ひいっ!」
気が付くとみゆきは自分のあっれもない格好に悲鳴を上げていた。
下半身は何も着けておらず、剥き出しになっていたのだ。
慌てて膝を丸め込むようにして、下半身を隠すしかなかった。
「まさかいつも毅然とした女課長が変態女装野郎だとは、誰一人として思いもよらないだろうな。だが安心しろ、気付いているのは私だけだから」
「ああ・・・一体何故?」
「知りたいか?それはな私の性的嗜好からくる直感が教えてくれたのだよ」
「私が海外から帰り、この会社を乗っ取り社長になって直ぐに君が女装娘だとわかったのだよ。以来、私は君をどうやって手に入れるかを考えていた。その結果、下手な小細工をせずに君を手に入れる事にしたのだよ」
「手に入れるって・・私をどうなさるおつもりですか?」
「私の花嫁にする」
「花嫁?」
「そうだ。正確に言うと私の性的嗜好を満たす為の花嫁人形になって貰う」
「嫌です!人形だなんて・・・」
「拒否するか?構わんよ。その代わり、この事が知れれば会社にいられなくなる。今更、社会に放り出されて再就職は出来んだろう。大学を出て海外に行き、肉体を改造して偽りの女として生まれ変わり帰国。そして我社に女として入社した。大体が今まで会社を騙していた罪も重いのではないか?弁護士に相談し、おまえを訴える事も可能だぞ」
「そんな・・・」
みゆきに勝ち目はなかった。
がっくりと項垂れるみゆきに社長が声をかけた。
「心配するな。私の花嫁人形になれば会社では今まで通りだ」
「本当でございますか?」
「儂は嘘はつかんよ」
「わかりました。社長の花嫁人形になります」
「素直だな」
「ですから会社では今で通りに・・・」
「くどいぞ、みゆき!二言はない!」
「はい、社長」
この時のみゆきには、これから待ち受ける性的快楽を知る由もなかった。
プロフィール

横島 優一

Author:横島 優一
私の妻であり理想の和装花嫁である『和装花嫁が大好きな女装娘みゆき』
渾身の愛を籠めて綴るこの凌辱和装花嫁小説の全てを、我が妻みゆきへ捧げる。
"Woman's disguise daughter Miyuki whom brides in Japanese dress love" who it is my wife, and is an ideal bride in Japanese dress
I give all of this bride novels that basket めて spells all love in Japanese dress to my wife Miyuki.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
和装花嫁みゆき観覧者数
夫・横島優一 「愛する妻君みゆきが和装花嫁姿で性肛の快楽に溺れ淫乱両性具有美性獣へと身も心も変貌していく様を御楽しみください」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。