FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-18

凌辱!和装花嫁人形【第八話】妄想

「さあさあ、みゆき様。白無垢の着付を始めますわよ」
「ああっ・・・はああ・・・」
顔を歪め息を吐き出すみゆき。
「でも、でも・・・」
「そんなにいつまでももじもじされていますと、いつまでたっても御着付けが終わりません」
「オッパイとオチチンが・・・熱いのぉ・・・」
「まあはしたない!花嫁様がそのような御言葉をおっしゃるなんて!」
大袈裟に驚いて見せる女性。
オッパイ・・・オチンチン・・・熱くて・・・どうなっちゃうのぉ・・・」
はしたない言葉を吐き出すみゆきは完全に失念してしまっていた。
(全く・・・)
「仕方ないですわね」
女性は錠剤を取り出し、みゆきの前に差し出した。
「これをお飲みください。落ち着きますわ」
みゆきはそれを水なしで飲み干した。
「お座りください。直ぐに落ち着きます」
「はい」
みゆきは差し出された座布団の上に正座した。
「ふう・・・」
(効き過ぎだわ。あの淫薬)
みゆきが仕度の前に飲んでいた飲み物は淫薬入りだったのである。
そして今飲んだ錠剤は、その効用を一時的に抑える物であった。
「みゆき様、落ち着きましたでしょうか?」
「はい、何とか・・・」
暫くして、みゆきは落ち着きを取り戻していた。
みゆきは改めて鏡に映る、自分の掛下姿を見惚れていた。
(これが、私なの・・・)
じっと鏡の中の自分を見つめるみゆき。
胸と下半身の疼きは治まったものの、きつく締められた掛下帯に苦しさを感じていた。
でもその苦しさは心地良いもので、淫薬から逃れたみゆきの胸をふつふつとした淫らな想いが湧きたってくるようである。
(SMで縛られるのって、こんな感覚なのかしら?だったら・・・)
みゆきは眼を閉じた。
そして妄想の世界に入っていく。
 
 掛下姿のみゆき。
 立ち姿のみゆきに男が近寄ってくる。
 男は麻縄を取り出すと、みゆきの上半身に掛けていく。
 「あん、やめて・・・」
 哀願の声。
 弱々しく抵抗する。
 麻縄は抗うみゆきの自由を奪っていく。
 きつく縄掛けされてしまう。
 きつい。
 とてもきつく縛られてしまった。
 「ああん・・・」
 すっかり抵抗しなくなった。
 鏡に映る緊縛された掛下姿。
 それはそれは艶めかしい姿であった。
 縄はきつくきつく身体に食い込んでいくような気がした。
 「いいわ・・・苦しいけれど、いいわぁ・・・」
 きつく締められた掛下帯の上から、更にきつく縄で縛られてしまった。
 それはそれはめくるめく陶酔の世界に、みゆきを誘っていくようだ。
 「素敵だわ・・・もっときつく縛られたい・・・」
 快楽に呆けたような表情のみゆき。


その顔が鏡に映し出された時、妄想は遮られた。
「みゆき様、白無垢の御着付けを致しましょう」
「えっ、は、はい!」
我に返るみゆき。
「どうかなされましたか?」
「いえ、何でも・・・白無垢の着付御願い致します」
みゆきは俯き加減で言葉を発していた。
女性に顔を見られたくなかったのだ。
(私、どうしてしまったの・・・あんな自分を・・・)
淫らな妄想を抱いた自分を恥じるみゆきだった。
スポンサーサイト
[PR]

2012-11-18

凌辱!和装花嫁人形【第七話】掛下

長襦袢姿のみゆきは鏡の前でポーズを取り悦に入っている様子。
御満悦の様だ。
「みゆき様、この正絹の長襦袢は花嫁用ですので、通常の物より重いのでございます」
「そうなの?」
そう言われて見れば、ずっしりと重い感じがする。
そもそも、みゆきは着物を着るのは初めてなのだから、そのような事がわかる筈もないのだ。
「それでは掛下の御着付けをアなさますわよ、みゆき様」
「は~い」
薬でハイテンションになってしまったのか、まるで精神年齢が下がってしまったようなみゆき。
女性は両手で掛下の衿付を持ち、背の中心に沿わせ、そのまま衿を肩に乗せていきます。
背中心の衿の形を整え、長襦袢の衿付に、掛下の衿付をきっちりと沿わせると、長襦袢の袖を掛下の袖に入れていき振りを合わせます。
裾を広げると衿先を持ち、下前と上前を足首から腰にかけて締めながら、両の腰骨の辺りにしっかりと収めていきます。
「みゆき様、ちょっとの間、爪先に力を入れてしっかり御立ちになっていてくださいね」
「は~い」
胸高に腰紐をし、他にも数か所の腰紐を結び、きつく締め上げると、みゆきはよろけて倒れそうになってしまいました。
「みゆき様!」
「ごめんなさい!」
みゆきは頭を下げて謝ろうとします。
「頭を下げては駄目でしょう!」
「あっ、あああ・・・」
「世話の掛かる花嫁様です事」
女性は腰紐を帯の中に入る位置に締め、後ろの皺を左右に取り、余ってる部分を腰紐の間に挟む。
身八つ口を斜め下に引き袖合わせをして、左右の手を交差して衿を下に引いていく。
胸元を決め伊達締めを帯の下線から巻いて、脇いっぱい胸の上に巻くと、掛下の下地まで完成です。
掛下帯は文庫の形に結びます。
左脇から帯を差し込んで前に回し右手で受けると、手先を左肩衿山にクリップで留め、前帯板と後帯板を入れ、帯幅を整えます。
帯の手先を三つ折りし垂れで羽根を作ると帯を二巻きし、垂れの方を折り上げて帯の上に出てる垂れを中にしっかりと入れ込み仮紐をします。
作っておいた羽根を乗せ枕をして、下の余ってる垂を帯の中に入れ帯締めをし、羽根を下ろし小さく折りたたむと、掛下の文庫結びが完成しました。
続いて抱え帯を結びます。
抱え帯を正面で一巻きし、ずれないように二巻きします。
手先を下から上に回し、巻きたたみにして腰にあてがいます。
抱え帯を結び終えると、文庫結びの全体を整え、掛下の着付が完了しました。
「みゆき様、掛下の御着付けが出来上がりました」
「ううん、うう~ん、素敵!素敵!素敵よ!」
前で両手で合わせて興奮するようにはしゃぐみゆき。
「みゆき様、花嫁様はそんなにはしゃがれては・・・」
「だってぇん・・・ウフフ」
暫くの間、まるで女子高生のようにキャッキャッとしていたのだが・・・
「ああん・・・」
「どうかなされましたか?」
はしゃいでいたみゆきが急にモジモジし始めたのだ。
右手で胸を左手で下半身を押さている。
胸が熱くなってきて、アソコも凄くてどうしたのかしら?」
「余りおはしゃぎになるから興奮されてしまったのでしょう、きっと・・・」
(完全に薬が効いてきたようだわ。この後、どうなってしまうのかしら?)
女性は薬の虜になりつつあるみゆきの姿を見て、薄笑いを浮かべるのを隠しきれないでいた。
掛下
2012-11-11

凌辱!和装花嫁人形【第六話】長襦袢

文金高島田に白粉を施した顔は和装花嫁そのもの。
だが身体には何も着けていない全裸姿。
立ち姿のみゆきは、鏡に映るその姿を美しいと感じていた。
そして興奮から男根は、いきり立つように硬くそびえ起っている。
「みゆき様、余りの美しい御姿に見惚れるのもその辺にして、御着付けを」
「あ、はい。わかりました」
促され、みゆきは女性に女性に身を任せた。
女性はみゆきの腰に裾除けを巻き付けていく。
男根が立派過ぎて邪魔でございますわ、みゆき様」
「あん、嫌だわ・・・でも興奮しちゃって・・・ウフフ」
打って変って今の状況を楽しんでいるみゆきが、そこにいた。
裾除けを巻き付けられ、隠れてしまった男根。
まるで勃起する男根が突き破りそうな勢いで裾除けを盛り上げていた。
男根から滲み出た透明の液体が裾除けを汚している。
「はしたないですわよ、みゆき様。男根の液で裾除けを濡らしてしまうなんて
呆れたように言う女性。
「性的興奮て、コントロール出来ないのですね」
まるで自分のせいではないと言わんばかりのみゆき。
すっかり、この異様な場に馴染んでしまっている。
続いて上半身に肌襦袢を付けると、立派な乳房が隠れてしまった。
肌襦袢の上から女性が乳首を軽く摘まみ上げた。
「いやん!感じちゃうわ~」
大きな声を出す程の刺激がみゆきの乳首を貫いた。
(薬が効いてきているようね・・・)
飲み物に入っていた薬の効果が本格的に効果をもたらしてきたようだ。
下地は出来たので長襦袢を羽織り、衿先を揃え、着丈の調整をし、衣紋を抜いていく。
下前を開き、着丈を見ながら上前の位置を決め、左右同じ位置に衿を合わせ、胸紐でしっかり押さえます。
「あん!」
薬で敏感になった乳房が胸紐に反応する。
胸紐で押さえた後、もう一度左右の 衿元、衣紋の具合を見て、余分な緩みを無くす。
「うふん」
着丈の調整をして伊達締めで押さえると、その締め付けに火照り始めた身体が否応無しに反応してしまう。
伊達締をひと結びし、結び目を立て交差させ左右にきつく引いて両端をはさみ込む。
「あん!あん!あん!」
伊達締を結んでいく過程に敏感に反応するみゆき。
「みゆき様、そんなに興奮なされていると掛下の御着付けが出来ません事よ」
「だって~」
まるで駄々をこねる子供の様だ。
(これも薬の効果かしらね、フッ・・・)
女性はみゆきの長襦袢姿を見ながら、心で嘲笑を漏らすのであった。
2012-11-04

凌辱!和装花嫁人形【第五話】文金高島田

鏡には顔、首から鎖骨、両手に白粉が塗られたみゆきが映し出されていた。
全裸の為、みゆきの乳房も映し出されている。
奇妙にも見える姿ではあるが、みゆきはうっとりと鏡に映る自分の上半身を眺めていた。
和装花嫁になる期待感に、みゆきは妙な興奮を覚えずにはいられないでいる。
そんなみゆきに冷や水を浴びせるような言葉を発する者がいた。
「あらあらみゆき様ったら、男根がお起ちになっていらっしゃいますのね。フフフ」
苦笑混じりのその言葉を発したのは和装花嫁化粧を施してくれた女性だった。
「!!」
自分の分身でもあるソレに視線を落としたみゆきは、俯き身を縮ませるしかなかった。
羞恥に顔を上げる事が出来ないみゆき。
(何故?こんなになるなんて・・・何故なの?)
男性器が勃起するなんて、記憶に埋もれる程無かった事なのだ。
その傍らで女性は訝しげに首を傾げている。
(こんなに即効性があるなんて聞いてなかったわ・・・じわじわ効いてくる筈では?)
どうやら勃起は先程の飲み物の効果によるものらしい。
だがその効果は時間の経過で表れるもので、即効性は無い筈。
考えられるとすればみゆきの和装花嫁への期待感が異常な興奮を弾き出し、生殖器に強い性的刺激をもたらした表れではないだろうか。
「みゆき様、今からそんなに興奮なさっていては、和装花嫁姿が出来上がった時に男根から白い液体が迸ってしまいますわよ。ホホホ」
からかう様な女性の言葉に、みゆきは身を固くするしかなかった。
期待感が羞恥へと変わっていく。
羞恥が益々男根を屹立させていくような感覚に、みゆきは眩暈がするような感覚に見舞われた。
意志と反した性的興奮を感じ、先端から尿道球腺液が滲み出ている。
「さあさあみゆき様、いつまでもそうしていらっしゃると御仕度だ出来ませんわ」
女性の言葉にみゆきは恐る恐る顔を上げ、身を起こした。
鏡にはそそり立つ男根が映し出されている。
みゆきは視線を逸らそうとするが、チラチラと見てしまう。
(凄い・・・あんなに・・・)
隆々たる己の物に驚くみゆき。
完全にトキメキが興奮へ転嫁していた。
「御鬘を御着け致します」
我に返るみゆき。
「御願いします」
羽二重で作られた鬘下に鼈甲の簪を刺した文金高島田が用意されているのが、鏡越しに映し出された。
いよいよ女性の手で文金高島田がみゆきの頭に被せられていきます。
一瞬、頭が縮むような感覚にみゆきの胸は締め付けられるよう。
思わず目を閉じるみゆき。
「これで良いですわ」
女性の言葉に目を開けたみゆき。
「あん、素敵」
鏡に映る文金高島田姿に思わずうっとりとするみゆき。
「とても良くお似合いですよ、みゆき様」
「有難うございます」
更に先端から尿道球腺液が滲み出る感覚も、みゆきは気にならない。
それ程、文金高島田姿に興奮している証であった。
「角隠しを御付けします」
女性は帯状で幅広の細長い白絹布を文金高島田を覆っていく。
「角隠しの完成です」
また目を閉じていたみゆきが目を開ける。
「ああっ!何て素敵なの!」
思わず、みゆきは嬉々とした声を上げていた。
「御着付け致します。みゆき様、御立ちになってください」
みゆきは鏡に映る完成した和装花嫁の顔に視線を釘付けにしたまま立ち上がるのだった。
2012-10-28

凌辱!和装花嫁人形【第四話】水白粉

「バスローブをお脱ぎください」
「裸に・・・なるの?」
「そうでございます」
みゆきは諦めたようにバスローブを脱いだ。
「お座りください」
先程までなかった鏡台の前の椅子に腰を下ろした。
「ふう・・・」
溜息をついた、みゆきの前に飲み物が差し出された。
「お飲みになると落ち着きますわよ」
みゆきは差し出されるまま、それを飲み干していた。
喉の渇きが潤されていく。
それが只の飲み物ではない事を、みゆきは知る由もない。
(もう諦めて言われるがままにするしかないわ)
項垂れた顔を上げ、鏡に映る自分の顔を見た。
整形を施していない顔は、男っぽい女の顔に見えた。
「さあ、みゆき様、これから御美しい花嫁様になられるのですよ。先生、御願い致します」
先生と呼ばれて現れたのは一人の女性。
みゆきよりも年齢は上のようだ。
「みゆき様、本日の御支度を仰せつかり光栄にございます」
深々と会釈した女性はみゆきに足袋を差し出した。
「まずは足袋を御履きください」
女性は足袋など履いた事のないみゆきに、綺麗な足袋の履き方を指導してくれた。
足袋を履いたみゆきを椅子に座らせると、女性は花嫁支度に取り掛かった。
羽二重で鬘下を作ると、白粉を水で溶かし刷毛で衿から背中、首から鎖骨、顔全体に塗っていきます。
手も白粉が塗られていきます。
続いて眉下から鼻筋の両側、瞼、目の下に紅を入れ淡くぼかし込んでいきます。
これは日本古来の『紅どり』という技法で、花嫁が三々九度でお酒をひとくち含んで、ぽっと目のまわりが赤らんだように見えるのが、初々しく可愛いく見えるからだと女性は説明してくれました。
そんな話を聞いていると、みゆきは望んだ訳ではない和装花嫁になる事が、楽しくなってくるような気がしてきた。
目張りは目尻をやや浮かせて入れ切れ長に強調し、ペンシルで描いてからブラシでぼかしを入れると、柔らかい目元に仕上がりました。
眉は和装の為、やや太めで短めの曲線的な眉毛にし、笹眉と言って笹の葉の形のイメージにしたと女性は説明してくれます。
最後に口紅です。
「和装花嫁口紅は、下唇を強調するのですよ。上唇のカーブはSカーブに描き山は丸く描きますね」
口紅を惹き終り、和装花嫁化粧が仕上がりました。
鏡に映った和装花嫁化粧を終え白塗りをされた顔を見たみゆきの胸は高鳴りを覚え始めていた。
少し前まで不安で一杯だった胸の内が期待感に包まれているのだ。
(私、素敵な素敵な花嫁さんになるのね・・・)
まだ和装花嫁化粧しか済んでおらず鬘さえ付けていないのに、この胸のトキメキ。
(早く早く花嫁衣装姿の自分が見たい・・・)
みゆきはまだ見ぬ自分の和装花嫁姿に想いを馳せているのだった。
プロフィール

横島 優一

Author:横島 優一
私の妻であり理想の和装花嫁である『和装花嫁が大好きな女装娘みゆき』
渾身の愛を籠めて綴るこの凌辱和装花嫁小説の全てを、我が妻みゆきへ捧げる。
"Woman's disguise daughter Miyuki whom brides in Japanese dress love" who it is my wife, and is an ideal bride in Japanese dress
I give all of this bride novels that basket めて spells all love in Japanese dress to my wife Miyuki.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
和装花嫁みゆき観覧者数
夫・横島優一 「愛する妻君みゆきが和装花嫁姿で性肛の快楽に溺れ淫乱両性具有美性獣へと身も心も変貌していく様を御楽しみください」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。